<お知らせ>プログラミング教室 第16期 新規入会者募集中(8月下旬スタート)

第1期 低学年クラス

低学年クラスでは、Scratch Jr.を用いてプログラミングの考え方を学び、アニメーションで物語を構成することが目標です。それら学習した機能を組み合わせることによって、最後は簡単なゲーム作りにも挑戦します。

 

◆Scratch Jr. について
Scratch Jr.には以下のコマンドグループがあります。まずはこの基本の6つを覚えましょう。

Scratch Jr. の
コマンドグループ
代表的なコマンド
①イベント 「旗がクリックされたとき」などのスタート条件
②動き 「1歩右に行く」「1つ回転(30度)」
③見た目 「Helloと言う」
④音 「ニャーの音を鳴らす」「録音&再生」
⑤コントロール 「繰り返し」「10待つ」
⑥終わり 「ストップ」「はじめから繰り返す」

 

◆第一期の学習予定内容

日程 履修内容 作るアニメーション
/ゲーム
その他の話題
10月29日(日)  Characterを動かす
①イベント、②動き、③見た目、⑤コントロールフラグスタート
クリックスタート
・ドライブ/飛行

・ダンス

座標の概念

Characterの作成
(お絵かき)

11月26日(日)  動きの制御の違い、並列処理
・単純移動(右に移動)
・逐次移動(右・上・右・上)
・並列移動(右上・右上)
Bump スタート
・ 会って挨拶 Characterの作成
(カメラ機能)
12月17日(日) メッセージスタート
Characterの並列処理・制御
場面遷移
メニュー表を用いた場合分け
ゲームへの応用
 ・教室での会話

・虫を避けてゴールを目指すゲーム
Youtubeリンク

 ステップ処理と時間

場合分けの考え方

1月28日(日) Scratch Jr. 各機能の復習
発表会/品評会
 ~自由に作成~  作品のシェアの方法

もし予定より早く内容が進められた場合、他のプログラミングソフト「Viscuit」にも挑戦してみましょう。「乱数」「自己複製」の機能を用いた、更に複雑なゲーム作りを体験できます。

WS報告(復習、宿題)

◆10月29日(第1回)の学習内容、復習

  • 基本操作
    ・うごき(青色のブロック)
    ・見た目(紫のブロック)
    ・コントロール(オレンジのブロック)
  • ロボット(mBot)実演
  • 座標の確認
    ・グリッドの表示
    ・マスを整える
  • キャラクターの削除・追加(ネコを消して、車(うんてんしゅ)を追加)
  • 背景の変更
  •  ドライブアニメーションの作成

 

  • ダンスアニメーションの作成

 

◆11月26日(第2回)の学習内容、復習、宿題

スタートブロック: スタートの種類は4つあります。
フラグスタート 緑の旗を押すと、すべてのキャラクターが一斉にスタートします
タッチスタート キャラクターを指で触ると、そのキャラクターだけがスタートします。
バンプスタート キャラクターに他のキャラクターがぶつかると、スタートします。
メッセージスタート メッセージが発信されると、スタートします。

<具体例>
メッセージスタート
第一回では「複数のキャラクターが一斉にフラグスタートをする」アニメーションが作れましたが、
第二回ではメッセージスタートを使って、「別のキャラクターがカウントダウンをしたら、他の3つのキャラクターが同時にスタートする」というアニメーションが作れました。

バンプスタート
キャラクター(A)がキャラクター(B)にぶつかると、(B)が「いたい!」「やめてよ」というアニメーションが作れます。ここで、(A)が(B)に触ったままだと、(B)はずっと「痛い」「やめてよ」と繰り返し言い続けるので、ぶつかった後に(A)を少し移動させる(後ずさりさせる)、などの工夫が必要です。

 次回(第三回)で行う、ゲーム作成への応用

  • バンプスタートは、ゲームのキャラクターの反応/変化に利用できます。
  • タッチスタートは、メッセージスタートと組み合わせて使うと、ゲームのコントローラーが作れます。
キャラクターが複数の動きを同時に行う

プログラムでは、普通はコマンド(命令)を順番に実行します(逐次処理)が、複数のコマンドを同時に実行させることもできます。

  • 斜めの動き: 例:右に移動と、上に移動を、別々のブロックで同時に行うと、右上に移動します。
    ⇒ 第三回では、こうもりが「ふらふら飛ぶ」様子を作ります。
  • 「○○と良いながら、ジャンプする」、「上記のバンプスタートで、ぶつかられた(B)が『いたい!』と良いながら、小さくなる」というアニメーションも作れますので、挑戦してみてください。
宿題: ロケットのアニメーションを作る
  1. 「5, 4, 3, 2, 1, 発射!(Lift off!)」  と誰か(管制官)が言う。
  2.  3つの部品でできるロケット(①第一段ロケット、② 第二段ロケット、③ ファネル)が同時に真上に飛び立つ。
  3.  第一段ロケット切り離し:①第一段ロケットをかくす(見えなくする)。②・③はななめに飛んでいく。
    (このとき、回転できると良いですが、難しいです。やり方は、第三回で紹介します)
  4.  第二段ロケット切り離し:②第二段ロケットをかくす(見えなくする)。
  5.  ③ファネルだけ、さらに飛び続ける。

【関連の話題】

 

◆12月17日(第3回)の学習内容、復習、宿題

今回は、シューティングゲームを作成しました。

「発射するもの」を左右一対の移動ボタンで動かし、発射ボタンで的に的に向かって発射します。
「的」は、ふらふらした動きを続けます。

プログラムは同じでも、「発射するもの」「的になるもの」の組み合わせで、様々なシューティングゲームを作ることができます。

発射するもの: サッカーボール、バナナ、矢、星、その他
的になるもの: サッカーゴール、人、動物、怪獣、その他

メッセージスタートを使ったコントローラーの作成

メッセージスタートを使うことで、タッチしているキャラクターとは違うキャラクターを操作することができます。

  • 移動ボタン
    移動ボタンにタッチすると、メッセージを送る。 メッセージを受け取ったキャラクター(主人公)は、右/左/上/下 に移動する
  • 発射ボタン
    発射ボタンにタッチすると、メッセージを送る。 メッセージを受け取ったキャラクター(弾など)は発射する

 

ランダムな動きを擬似的に作る

不規則な動きをコンピューター上で実現するために通常は「乱数」を使いますが、Scratch Jr. では乱数は使えません。
そこで、複数のループを入れ子構造にして(3層~5層程度)、その中に移動ブロックをおくことで、一見ランダムな動きを実現します。
ループ回数や移動距離の数字をばらばらにすることが、ランダムに見えるためのコツです。

宿題: 今回作ったシューティングゲームを家族にやってもらう
  1. お父さん・お母さん・兄弟姉妹に遊んでもらってください。
  2. どうすればもっと面白くなるか、意見をもらいます。
  3. できる範囲で改良してきてください。

第四回の最初に発表してもらいます。

  1. どんなゲームを作ったか
  2. 誰に遊んでもらったか
  3. 改良のための意見はもらったか、何か
  4. どのように改良したか

 

 

タイトルとURLをコピーしました